<新着情報>
★(公財)北海道文化財団が人づくり一本木基金「2019年度奨学生」を募集開始(~12/7)
★奨学金利用 道内45% 大学、専門学校生ら 日本学生支援機構データを北海道新聞が独自集計(8/26)

★北海道奨学金ネットワーク加盟の一般財団法人札幌信用金庫社会福祉基金が、一般財団法人北海信金地域振興基金と合併して「一般財団法人北海道信用金庫ひまわり財団」と名称変更(7/2)

★「北海道学費と奨学金を考える会(インクル)」が『マンガでわかる奨学金問題対処法』刊行(7/15)
★北海道ライフサポートセンターが加盟(6/26)

★ニュース:中央労福協の全国研究集会で北奨ネットを紹介(6/6)
★HP情報更新道:道内高校・大学向け奨学金情報一覧(5/16)、新規加入団体リンク、奨学金情報、パンフレット掲載など(5/16)

★奨学金問題講演会の動画が完成・公開(2/26)
★2018年度・奨学金情報ページを開設(2/23)LINK
★第2回総会開かれる(2/15)LINK


奨学金問題講演会の動画が完成


大学などへの進学率が高まる中、授業料の高騰や家計の苦しさから奨学金返済が重荷になっている学生が増えています。北海道奨学金ネットワークに加盟している公益財団法人コープさっぽろ社会福祉基金が昨年12月に「奨学金問題対策全国会議」共同代表の大内裕和・中京大学教授を招いて開いた講演会の動画が公開されました。

▼2017年度福祉講演会「若者の格差と貧困」(項目別版)
 
▼2017年度福祉講演会「若者の格差と貧困」(全編版)

 

   

   

 


■1600人に約2億円 北奨ネットが調査


北海道奨学金ネットワークは2017年11月27日、道内の奨学金制度に関する調査結果を公表しました。約1600人が奨学金を受給していて、その9割以上は高校生でした。

この調査は、道内で奨学金の給付を手掛ける30団体を対象に奨学金の支給条件や金額などを調べたもので、困窮家庭やひとり親世帯などの学生約1600人が奨学金を活用し、総支給額は約2億円に上ることが分かりました。ネットワークでは今後、支給条件の緩和や大学生に対する支援策の拡充について意見交換していきます。