北海道奨学金ネット・規約


 第一章 総  則

第1条 名 称

 この団体は、名称を「北海道奨学金ネットワーク」(略称:北奨ネット)と称する。

第2条 事務所

 この団体の事務所は、北海道新聞社会福祉振興基金内、コープさっぽろ社会福祉基金内に置く。

第3条 構 成

 (1)この団体は、道内で奨学金事業に取り組む団体、奨学金問題に取り組む団体・個人、奨学金の広報に取り組む団体・個人を参加対象とする。

 (2)この団体の趣旨に賛同し参加を希望する団体・個人は、事務局団体に参加申請書を提出し、参加確認を得て参加することができる。

 

第二章 目的及び活動

第4条 目 的

 この団体は、道内で奨学金事業を行う団体、奨学金問題に取り組む団体・個人の活動の交流と情報交換・学習会等を行い、もって前途ある若者を苦しめる奨学金問題の改善と解決を目指し、若者の学びと成長を社会全体で支える一助となることを目的とする。

第5条 活 動

 (1)この団体は、奨学金を必要としている学生・保護者・関係者に対し、道内において行われている奨学金支給事業や奨学金関係の情報等を周知する。

 (2)「北奨ネット」の情報交流・告知などはインターネット、eメール等を活用する。

 (3)その他、若者の学びと成長を社会全体で支えるために必要な活動を行う。

 

第三章 運 営

第6条 幹事団体

 この団体の幹事は以下の団体とする。

コープさっぽろ社会福祉基金

北海道母子寡婦福祉連合会

札幌市母子寡婦福祉連合会

北海道新聞社会福祉振興基金

北海道学費と奨学金を考える会(インクル)

北海道生活協同組合連合会

北海道労働者福祉協議会

第7条 事務局

 事務局は、北海道新聞社会福祉振興基金、コープさっぽろ社会福祉基金が担当する。

第8条 幹事団体会議

 適時、幹事団体会議を開催し、合議により運営する。

第9条 総会

 この団体は年1回通常総会を開催し、以下の事項を確認する。なお、総会は構成する団体代表及び個人の過半数の出席をもって成立する。

(1)活動報告及び会計報告

(2)活動方針

(3)役員の選任

(4)規約の変更

(5)その他運営に関する重要事項

 

第四章 会 計

第10条 財 政

入会金、会費は徴収しない。

費用負担をなくすため、インターネット、eメール等により情報交流を行う。

講演会等の催しを行う場合の費用は、参加費等を徴収する。

 

第五章 その他

第11条 施 行

 この規約は、2017年1月26日の「第2回北海道奨学金関係団体交流会」で提案し、2017年5月18日の設立総会をもって発効する。